FC2ブログ

SRまにあっくす

YAMAHA SR400/500のマニアックなカスタム&メンテ等を紹介

スポンサーサイト

Posted by SRマニアックス on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TLR200 プチレストア2

Posted by SRマニアックス on   0 comments   0 trackback

いじりだすととまらなく性分なんですwww

って事で、今週の休みには、10年前から気になっていた所をレストしようと、朝も9時から作業開始!

01a.jpg

今回はココ

「エンジン塗装」

TLR200は純正で黒いエンジンなんだけど、もう、汚れなのか塗装なのか解らない状態でwww。

で、
002.jpg
こんなアイテムを用意して、とにかくエンジンのフィンをキレイに。
01_20160217215936fc7.jpg
これが一番使えた…一番安いワイヤーブラシ。270円なり〜。

で…
ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ…

と、2時間半くらいフィンと、フィンの間を磨き続けて、ある程度納得いったら
続いて塗装(写真取り忘れた…)

003.jpg

使ったのは、ネットで最も評判の良かった
「デイトナ・耐熱塗料120度・つやあり黒」

ラベルが古いのはご愛敬です。家にあった在庫ですwww。

これを紙コップに吹き付けて、それを筆塗エンジン塗装です…えぇ…マスキングなんて一切しません(^^;)


これは持論なんですが…エンジン…サンドブラストとかで完璧で均一な表面処理をするのならスプレーでってのも重要だと思うんですが、所詮ワイヤーブラシ。フィンの間にはかなりの塗装残りがあります。つまり均一な表面状態ではないってこと。なもんで、筆塗りでも、意外と綺麗に塗れちゃうと思うわけです。。


で、どんな感じかと言えば
001.jpg
こんな感じ。

やり方としては

①やすって可能な限り表面は均一な面を造る
②ひたすら脱脂&汚れ落とし(こっちの方が重要)
③薄〜く耐熱塗料を満遍なく筆塗り
④手で触れるくらいまで放置(今回は約40分)
⑤筆にたっぷり着けて厚く筆塗り
⑥手で触れるくらいまで放置

以下繰り返しで、納得がいくまで厚塗りしし続ける



で、こんな感じに仕上がります。

004.jpg

どうです? 筆ムラ
なんて全然わからないでしょ? クランクケースのような表面がツルっとしている面だと、筆塗では難しいですが、こういう梨地で入り組んだ場所なら、筆塗だって充分キレイにできます。。

それと、デイトナの耐熱塗料を選んだ理由がもう一つ。
見ていただける通り、ホンダ黒エンジンの艶と似たヌメリ感があります

これ、1時間走って、ある程度焼き入れした後なんですが、この位の艶を維持してくれます。そして、結構ガソリンにも強いです。しかも焼き付け温度が80度だから、走っていれば…何とか…なったのかな? 実際、シリンダーは80度くらい行く部分なハズなので、このまましばらく走れば、完全に硬化させられると信じます(以前塗ったハスラーエンジンは最終的にオーバーフローしたガソリンが付いちゃっても問題ない状態まで硬化したので…)

っと、いうことで、3週連続休みを利用して

10.jpg

TLR200。完全復活です!

スポンサーサイト

TLR200 プチレストア

Posted by SRマニアックス on   2 comments   0 trackback

すっかり日中は暖かくなってきたので、そろそろバイクも冬眠から起こそうと思って、
本日はコレをいじりました。

TLR200


HONDA TLR200

tlr200
↑純正はこんな感じ

これも8年前ぐらいに造ったモノで、都内で兄貴が乗っていたモンなんだけど、子供ができて、最近家に里帰りしてきたモノ。
僕自身も4年前まで10年間都内で働いていたので、向こうで事あるごとに、ちょこちょこっとメンテはしていたんだけど群馬に戻ってきてからは4年間ノーメンテだったので、結構ガタガ来ていたんですよ。

ちなみにちょこっとカスタムスペックを書くと


タンク→KENZ製バンバン200用アルミタンク加工
シート→汎用ダイヤモンドステッチソロシート
リアフェンダー→汎用センターリブアルミフェンダー
ハンドル→モーターロック製ステンレスディンブルハンドル
テールランプ→グラベルクルー製真鍮テール
エキパイ→TLR200用ダウンタイプ
マフラー→汎用φ45ターンアウト(俗に言うハーレー用)
スイングアーム→FYR223純正加工
リアホイール→FTR純正&オスカー製ホイールカバー
バッテリーボックス→古いトライアンフのエアクリーナー加工
ステップ→ホンダCB125純正(だった記憶が…)



で、今回直すのが
写真 4

酷い…
ということで、
ダストシール交換。

オイルシールはというと、意外と大丈夫だったので、今回はダストだけ変えておこうということに。

で、純正品でも良いんだけど、思い立ってその週末にやりたいってなると、どうしても手元に届かない可能性もあったので、今回はアマゾンでこんなの見つけたので、これをはめてみる

写真 07写真 3

汎用φ35オイル&ダストシール ¥1200位
これもアマゾンだと、サイズの異なる2種類あったんだけど
純正がにより近い
外径48mm×内径35mm×厚さ11mmをチョイス。
ちなみに車種的には
ゼルビス・ジェイド用らしい…

で、純正と比較
写真 2写真 1
ピッタリじゃね!?

で、装着
写真 15 写真 14

問題なし!!


で、せっかくダストシール交換するのにホイールまで外したんだから
写真 13

これも着けてみた

写真 06
キジマ製スポークフラップ
(画像はネットに落ちてたモノ)

これの赤を。
なんせスポーク結構錆び錆びなもんで…(^^;)
写真 11

取り付けはちょっとコツが要りますが、まぁ36本も着ければ慣れるので、30分ぐらいかな?
赤はTLRのR119フラッシュレッドに比べると明らかに赤いです…(-_-)。。ちょっと赤すぎた…
21インチホイールに丁度イイ長さなので、ドラム側は一個一個長さを合わせて切らなければならないのと、内径がちょっと太すぎて、若干密着率が悪いのは気になりますが、まぁリアにホイールキャップ履いている車輌なので、フロントにこんなんがあっても違和感無いかな?

ということで、そんな仕事休みの火曜日でした(^^)/完成写真撮るの忘れたwww


友人にプレゼント!

Posted by SRマニアックス on   1 comments   0 trackback

幼なじみが目出度く第一子誕生間際なんだけど、ある日

友「お願いがあるんよ」
自「どしたい?」
友「バイク1台造って」
自「お前、免許失効したから乗れんだろう?」
友「50cc何か無い?」
自「あるけど、どした突然?」
友「検査やなんやかんやが結構あるらしく、子供生まれたら車が使えなくなりそう」
自「通勤用でいいの?」
友「乗れれば何でも」


なんてやりとりがありまして、友人の第一子誕生祝いがバイクに決まりましたwww

ちなみにそいつ、得に悪いことして免許失効したわけではなく、一時期僕と都内でルームシェアしていて、そこからバイク通勤してたんだけど、黄色線踏んだとか、速度超過とか、ちょっとした事がかさんで免停。でその免停中で乗れないから路駐していたんだけど、バイクが駐禁きられて面取りという、何ともな経歴で免許失効しちゃった変わり者。その後、車の免許は取り直したんだけど、バイクまでは時間が回らなかったらしい…取り直せよ…。

で、簡単に治りそうで、なおかつお金がかからないのはって見回して
バンバン50

バンバン50に決定!

これは15年前に僕が都内に就職する前、最後にレストアした1台で、エンジンも腰上までバラして結構真面目に直したヤツ。その後、父親が乗ったり、友人の彼女が乗っていたりと、点々として現在は家に帰ってきたモノ。

で、さすがにバッテリーが死んでたのと、キャブが詰まっていたんだけど、それをちょいと直したらあっさり復活です。

あ…(>_<)。ちなみに、バンバン50。
バッテリーが死んでいると、電圧が流れすぎて過電流になるので、アクセル回すとバンバン電球が切れますwww
それ忘れてて、ヘッドライトやテールランプ、ニュートラルにメーター球…色んな電球ぶっちぎりましたので、それもほとんど交換でしたwww

この時代のバイクは配線少なくて良いんだけど、そういう「保護」機能も全然無いんですよね…忘れてた…。

で、悩んだのがタイヤ

バンバン50

完全にアウト(T_T)

しかもこんなタイヤまだ売ってるのかな〜とアマゾンを覗いてみると…

純正サイズの5.4-10が1個あった…1個

前後同じような状態だから、せっかくなら2個変えたいんだけどな〜と思って色々見ていたら

バンバン90純正の6.7-10も1個あった…1個


遠〜い記憶に「バンバン50はバンバン90のタイヤ履ける」ってのがあったので、これはいっちょ「人身御供で実験的に履いてみよう」と思い、それらを注文。

写真 11  写真 12

前置きが長くなりましたが
ここからが本題。

バンバン50のリアタイヤに6,7-10のレクタングルタイヤを履いてみよう!

バンバン タイヤ

上)5.4-10(バンバン50純正サイズ)
下)6.7-10(バンバン90純正サイズ)


こんなにサイズが違います…はいるのかコレ?


写真 23


車体と合わせてみた…はいるのかコレ?


まぁやってみます。


まずはフロントは、純正サイズそのままだったので、完成写真のみ

写真 2


続いてリア。今回の本題はココ!

バンバン50
タイヤ外す。バンバンはビジバイのk50やコレダ50とかなりのパーツが共通なので、こういった感じでスプロケットが車体に残ったままタイヤが外せます。

バンバン50
ホイールを割る。ここは15年前にレストアしたときにオールペイント&ボルト類はステンレスに交換してあったので、簡単に外せました。15年前は、サビで合わせホイールが割れず、外すのに一苦労どころではない苦労をしたのがフラッシュバックしましたwww

で、タイヤ外して(写真取り忘れた(^_^;)…)

写真 4
バンバン90純正サイズの6.7-10タイヤを組み付ける。
ちなみに、こうやって組む前に、チューブが膨れるぐらいに軽く空気入れておくと、ホイールを挟んだときにチューブを噛まなくなるので、パンクのリスクを無くせます。合わせホイールを組む知恵ってヤツですが、まぁ一般的ですよね。


で、はめてみたら、思いの外スッポリ入ったんだけど…だけど
写真 3

1)タイヤを後ろに引かないとセンター部分がスイングアームに干渉する



2)干渉しなくなるまでチェーンを引くと、ピンピンに張ってしまう



B4kV8oZCMAMHC3W.jpg

ということとで、

写真 1

チェーンを交換。1コマ分長くしたんですが…

バンバン50 6.7-10

僅かひとコマ増やしただけで、チェーンアジャスタの目盛りは…ご覧の通り。

ちなみに、ここまで引いて、やっとチェーンの張りは適正値って感じです…(T_T)。

でこの状態で各部のクリアランスはと言うと…

写真 43
写真 44

こんな感じです。チェーンが伸びてもちょっとしか調節ができませんが…



結論
バンバン50 バンバン90 タイヤ


バンバン50に
バンバン90の6.7-10タイヤは
履ける…
と言っていいのかコレ?

まぁ推奨はしません。というか、やめた方がイイです。
僕は…履いちゃったからしばらくはコレで行きますが、チェーンが伸びたら…そん時考えます。



ということで、実験「バンバン50にバンバン90の6.7-10タイヤは履けるのか?」
これにてお終い。

あ…(^^;)、あともう一つ。
写真 42
サイドスタンド時に車体がすっごくねますwww。リアだけでもかなり寝ます。ので、もし、前後6.7履きたいって人は(前はフェンダー外せば干渉無しで6.7が履けるのは知ってたのでやらなかった)、バンバン90のサイドスタンドに変えることをオススメします。

ではでは。。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。