FC2ブログ

SRまにあっくす

YAMAHA SR400/500のマニアックなカスタム&メンテ等を紹介

スポンサーサイト

Posted by SRマニアックス on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRじゃないんですが…

Posted by SRマニアックス on   0 comments   0 trackback

僕の場合、何台もバイクがあるので、走るバイクとイジリ途中のバイクが混在中。。

なので、

「バイク乗りたい熱」

「バイクいじりたい熱」
という時期があって、
バイク乗らない人にとっては「同じでしょ?」と言われるかも知れないけど、僕にはこれが別物。。

で、
最近は、2000キロツーリングとか、1500キロツーリングとかで、「バイク走りたい熱」が強かったんだけど

ジョインツに行ってから、
バイクいじりたい熱が再燃
写真

永らく放置していた「リトルカブ50」
をいじってます。。
3年以上放置でしたので、レストアメインです。。
1日でキャブ掃除&配線引き直し&灯火器類設置で、エンジン始動まで行けました。。

カスタム&レストアは10代の頃からやっていたんですが、ここ10年は仕事が忙しくて、レストアはほとんどしてなかったからな〜。。
まだまだ腕は鈍ってないかな?

配線も配線図無くて、元の配線がほとんど無くても、残っている配線色で何とかなるモンですねwww。ホンダ車は色が統一されているから楽でイイです!

あと1日あればフィニッシュできそう!


この後、昔造ったカスタムで、
オーナーがやっている東京の美容室の看板にもなっている
      コイツ
       ↓↓↓↓↓
A_05_20130425035026.jpg
HONDA TLR200
が3年ぶりくらい帰ってくるので、メンテナンスしてやろうと思います。。

スポンサーサイト

ジョインツのSR

Posted by SRマニアックス on   1 comments   0 trackback

行ってきました。名古屋のカスタムショー「ジョインツ」。。

実は僕、ジョインツの前身となる「名古屋バイクスミート」からずっと行ってて、ジョインツも第一回の2007〜2011までは全て行っているんですが、昨年海外旅行と時期が重なって(イタリア&ドイツへ行ってましたwww)、皆勤賞を逃してしまったイベント。。

でも、今年は「是非行きたい」と思って、足を伸ばしてみました。。

えぇ。群馬からです。。ただ、天気が雨だったので、車ですが。。


で、撮影2台目にして、カメラ故障(レンズ不具合だった)により、ほとんどがアイフォンでの撮影ですので、画像の質とかは、もう断念。あくまでも「記録」として、SR撮ってきました。。



ベリーバッツ
IMG_3182.jpg
写真09
僕が選ぶ会場で一番好きだったSRがベリバのこの1台。ヤマハ初のモーターサイクル「YA-1〜赤とんぼ〜」をインスパイアしているというデザイン&カラーリングで、60年代のオールドレーサーライクな雰囲気も満点。。今回数少ない「一眼レフカメラ」で撮れた1台もでありますwww。


フレークス
写真08


ツインハート
写真06

2%er(ツーパーセンター)
写真07

ルースター
写真05

ACTモーターサイクル
写真04

モーターガレージグッズ
写真02

エクスクルーシブカスタム
IMG_3186.jpg


煌エンジニアリング
写真01

MADE BY TTT
IMG_3171.jpg


グリード
IMG_3176.jpg

これはSRではないんですが、同じ単気筒繋がりで
ビアード
IMG_3172.jpg
SUZUKI ST250です。。
これを見たいが為に、今回はジョインツに行ったといっても過言ではないんですが、これはホントすごい。。
何がスゴイって、これ、インジョクションです!
可能性を秘めた1台です

こういう技術的に新しいチャレンジをしているカスタムはもっと評価されて良いんだけどな〜と常々思っております。
だって、これを造るのは、通常とは違って
「切ってイイ配線が確定されていない」
「ガソリンポンプの配置角度が確定されていない」
「インジェクションコントローラーが発売されていない」

つまり、カスタムしたはいいが、エンジンかかるかどうかはやってみなくちゃ解らない(もちろん、そこをやってのけるのがプロですが…)。
という時間とカスタムではなく「技術屋」としての力量が問われるわけで。。

だからこそ、やりたがらないショップも多く、それをやったってのが「スゴイ」と思うわけです。。

実際、写真には無いんですが、これ、搬入日に乗車&運転させていただきました。。ここまでローダウンしてあっても凄く乗りやすくて、ちょっとカルチャーショックでした(僕は自作で造ったTLR200があって、それよりもこのSTはローダウンしているんですが、正直ほとんど変わらない乗り心地だった)

隅から隅まで眺めて、試乗させて貰って、ホント感激の1台です。
ショーは何個か出している車輌なんですが、これがどこのショーでも何らかの賞を受賞していないのは、正直納得いかない!!
新しい事をしているんだから、そういうのをもっと「楽しんで」くれる余裕が欲しいです。。


あ…それと
写真14
神様がいました。。アーレン・ネス氏です。。ヤバイくらい心臓ドキドキしました。。
もう、僕のDNAに刻み込まれているんでしょうね。。この人の偉大さって。。
ネス仕様のカスタマイズは、10代のころ、穴が開くまで見まくっていましたから。。

握手させていただきましたが、冷や汗でてがぐっしょりでしたwww。スイマセン…。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。