FC2ブログ

SRまにあっくす

YAMAHA SR400/500のマニアックなカスタム&メンテ等を紹介

SR MEETING 2014

Posted by SRマニアックス on   0 comments   0 trackback

何か、異様にアクセス数が上がったな〜と思ったら、皆さん「SRミーティング2014」でヒットしてここに来ている見たいですね。。

リアルタイムの情報はスラクストンさんのブログに更新されていくと思いますので、そっちを見てくださいね。

スラクストン→HP
      →ブログ



クリックしてそちらへ行ってみてください。。m(_ _)m


で、僕は僕で、SRミーティングを紹介しておきますね。
B_01_20140430014810b33.jpg

SR ミーティング 2014
日時:2014年5月11日 
時間:11:00~15:00
場所:山中湖交流プラザ“きらら”第二駐車場



前回の写真を使って紹介しておりますm(_ _)m

D_02.jpg


会場はこんなイメージ。1000台収納可能の第二駐車場をぐるっと囲むようにショップさんが出店。デモ車やカスタムパーツ、アパレルアイテム、お宝中古パーツなんかもガンガンあります。


D_05.jpg

なにより、この台数。そして密度…眼に毒過ぎますwww

そして、今回から「着払い限定宅配サービス」も。
宅急便屋さんとコラボで、出張宅配便ブースが出来るそうです。なので、大物を買っても持ち帰りに苦心する必要はなさそうです。。(^o^)コレハウレシイ

E_01A.jpg

地産地消。
現地のB級グルメ屋台村も。地域を挙げてのちょっとしたお祭りみたいな雰囲気です。
ただ、お祭りと大きく違うのは、来ている人がみんな「SRオーナー」てことwww。

今年はたしか福島の支援団体の飲食ブースもあった気が!? みなさん。美味しいものを食べて
被災地支援をしましょう!
  ↑
ここが凄く重要

SRミーティングは常に「チャリティ」という側面があって、バイク乗り、それも「YAMAHA SR乗り」という非常に狭い範囲のオーナーが、多少なりとも世間に貢献していこう。そういう重要な意味合いもあるからです。

ヤマハさんも、ずーーーーーっと盲導犬チャリティやっていたりしてますし、そういうヤマハさんの企業理念を、ヤマハ乗りなら賛同して・・・という難しい事は抜きにして、日本人なら助け合い。お互い様ってことですよ。。(^o^)

D_04.jpg

SR乗りなら宝の山。。中古パーツ&中古純正部品。。そしてワンコインという破格のモノもチラホラ…。各ショップサンがかなりの数持ってくるので、結構な量が毎年あります。。僕は昨年ウインカーとヘッドライトと…ごっそり電装品と、BSAやノートンのタンクデカールを買った記憶が・・・。


そして、このSRミーティングが、11時から15時までと、イベントとしては比較的短い時間帯である理由の一つが
これ。
B_01A.jpg

ロケーション最強です。気持ちよすぎます。。(T_T)

みなさん、ツーリングがてらに走ってきてね。そして、最高のロケーションを日が落ちる前に走ってね…という意味合いが込められているんです。で、今回はそんなことから初の試み

「パレードラン」
が15時から行われる予定だそうです。
このパレードラン出発と同時に会場はクローズなので、残っても買い物も飲食も出来ません。なので、残る意味無し。というより、走りましょう! 500台オーバーで!! ってか見たい。そんな精悍な光景をこのロケーションで!!!

スポンサーサイト



SRミーティングまであと少し

Posted by SRマニアックス on   0 comments   0 trackback

SRオーナーの皆さま。
準備できてますか?

日本最大のSRイベント

SR MIEETING 2014


もうすぐですよ〜。(^o^)
SR MEETING 2014

2014年5月11日
富士の裾野の山中湖交流プラザ「きらら」第二駐車場にて。



毎年500台オーバーのSRが集結する、非常に眼に毒(笑)なイベントです。ここに行くと自分のSRに自信が持てなくなりますwww。その位スゴイ人達が集まってきます。また、雑誌で見たことある車輌や、30代、40代のかたなら「懐かし〜」と思わず思い出にふけってしまう車輌なんかも結構来ていますので、是非。もちろん僕も行きます。。(^o^)

A_03.jpg

で、その準備として、SRミーティングの発起人でもあるスラクストンさんに行ってチェーン&スプロケ&リアタイヤ&リアブレーキパッドのリア周り4点セット消耗品を交換


なぜなら、この衝撃の一枚を見ていただければ解るはず・・・・





   ドン!!
A_01_201404281652189e0.jpg

SRのパワーなめてました・・・


赤城の1000本桜見に行ったときにガンガン回してすっ飛ばしていたら、「ガキッッッ」ってwww
A_02_20140428165220472.jpg
この直後、スプロケットが折れましたwww

そして、一個折れると周辺が一気に折れるんですね。。(^_^;)シラナカッタ

最終的にはスラクストンさんに行ったときには、1/3が無くなってましたwww


チェーン&スプロケは消耗品。早めの交換を〜www

SL230 カスタム 完成

Posted by SRマニアックス on   0 comments   0 trackback

駆け足で紹介しましたが、HONDA SL230 完成がコチラです


SL230 カスタム

タンク:YAMAHA TY250スコティッシュ純正流用
シート:SUZUKI ストリートマジック純正流用
Rフェンダー:SUZUKI ストリートマジック純正流用
ヘッドライト:HONDA シャリー初期型流用
Fフェンダー:ラフ&ロード製SL用ダウン
ライトステー:モーターロック製SR用φ35
メーター:キタコ製インジゲーター内蔵φ38
テールランプ:アチェルビス製MXテール
ハンドル:アルキャンハンズ製(多分)
マフラー:純正EX×3インチスパトラ



スペックで見るとこんな感じです。難しい流用もフレーム加工もそもそも溶接も一つもありません。
全て加工してボルトオンで付くように工夫しているというものです。

今回のお色直しは2014年度版にリファインだったので、今風に配線をかなり加工して目立たせなくしたり、ライトをボトムマウントではなくフォークマウントで小振りにしたり、マフラーも短め&小型で目立たなくしたり…など、1997年頃のトラッカー全盛期とは、パーツチョイスもディメンションも若干変わってきているという意識でカスタムしてみました。。m(_ _)m


ただ、当時から一貫してのイメージはトライアルっぽい、細身のオフもいける車輌
なので、ステーもちゃんと仕込んであったり、そもそもぶら下がりパーツ(ウインカーやテール、ライトなど)は全てプラスチック製で軽いし、2点留めで回転防止で取り付け…ということにもちゃんと気を使っています。ここが10年前とは大きく変わったところですね。なにげにステーはほぼ造り直してますから(いちからではなく、前回造ったモノに手を加えている)

細部です(クリックで大きくなります)

07A.jpg 07B.jpg 07C.jpg

シート&リアフェンダーはストリートマジックを。これは20年前から変わらないパーツチョイス。変わったのはシート前部のエンド形状をタンクに添わしたのと、地味にシート前方をアンコ盛りして高くしています。これは座ったときに今まではシート座面が若干前に流れていてケツが疲れるということを言っていたので、前に行くほど上がるようにしてホールド感を向上とケツ痛を抑えるために。最後の写真での2005年版と比べると、ラインの違いが良く解るのでは無いでしょうか?
後はリアフェンダーのペイント。そして、全く見えませんが、テールランプを支えるサブフレームです。サブフレームはスズキのTLR200の同部分を流用。ちょっとの加工でイイ感じに隠れてくれます

マフラーは、前回までラフ&ロード製のRSVフルエキを使用していたんですが、今回は純正エキパイ×スパトラ3インチで、スムーズでシンプルな感じに。純正はワンピースフルエキなので、サイレンサー部分でサンダーでカット。そこにスパトラを差し込んでクランプ。純正のヒートガードを前後装着して、スパトラの大外にもガードを。これは子供をタンデムしてちょっと走りたいという要望から。見た目的にも不思議な2重パイプっぽいマフラーになって効果有りという感じでは無いでしょうか? もちろん見えないようにステーはステップのデカイプレートから裏側に配置して揺れ&脱落防止を

タンク塗装はこんな感じ。意外と段差あるように見えますが、純正のタンクのデカールと同じくらいの段差しかありません。クリアコーとしているので耐候性も抜群です。白なので艶具合が解りづらいですが、濡れたようなツヤッツヤに仕上げてます。目立たないですがメーアーはここに。

07D.jpg 07E.jpg


メーターはボディ&ステーをカッティングシートで装飾して車体色と統一感を。こういう電装品の色を合わせると車体の統一感上がるし、なにより今っぽいです。メーターケーブルは純正では長すぎたので、APE50純正を流用。20cmショートといったところでしょうか?

ライトはリムから塗ってこんな感じに。このリムが今回の黄色の唯一の塗装部分です。レンズはガラスではなくプラなので、安心してオフいけます。ちなみにレンズはあんどんカブ純正。ライトステーはこういうシンプルなもので、今っぽさが出ます。特に奥まった位置に取り付けられるかがポイントなので、ステー選びは腕の見せ所ではないでしょうか?

それと、本来ここにある配線は、全てタンク下とリアカウルの裏に。これこをスッキリさせるために配線を全部バラして延長&短縮などをしているわけです。。見えない努力ってやつです。。(^o^)


最後にHONDA SL230のカスタム遍歴です。。
こんなにいじってるんです。このバイクwww

HONDA SL230 

こうみると、現状のはだいぶバランス上がったのではないでしょうか?
10年前の自分、15年前の自分に勝ったでしょうか?

こんな感じで、バイクイジリたい熱を継続してま〜すwww

SL230 カスタム2

Posted by SRマニアックス on   0 comments   0 trackback

さてさて、続きです。

電気系統も今回大々的に刷新しました。
っといっても、どちらかといえば見た目ではなく裏方な部分
配線引き直しです。
これには理由があって

05.jpg
SLは純正でここにバッテリーなんです。(T_T)
これは買った当初から「変えたいね〜」とは言っていたんですが、当時はソコまでの技術がなかったので、放置しっぱなしだったんですが、今なら1日あれば配線図なくたって出来る…ハズ(^_^;)…

ということで、手を入れました。
約20年越しの約束を果たしましたwww

まずはアルミ板2mmを使用してバッテリーボックスを受けるステーをシート下に。目隠しの役割も果たしています
05A.jpg

コイツが新たに製作したシート留めの役割も果たすという2つの意味から製作しました。

で、
05B.jpg

配線全部ひんむいて、延長&短縮&ショートカットで減らす。目標は3割削減


で、これが当時は理解できなかった部分
05C.jpg

バッテリーから出るマイナス(アース)線
これがSLは異常に太いの。当時はどうして良いか分からなかったけど、今なら解る。
必要なのは15qs。ということで、4輪などにも使われるアーシング用の線を購入。8qsか20qsのどちらかしかなかったので、20qsを。アースがスムーズに流れるには、最低15qs以上が必要なので、今回は余分5qsある20qsを使用。1mで1,800円ぐらいでした。

写真は…無いですwww

もちろん、オイル交換も
06.jpg
ウルトラのS9です。
個人的な意見ですが、このクラスの排気量のモデルならメーカー純正の部分科学合成オイルで充分。JASOはMAよりMBを選べばOKというのが最近の考え。昔は社外の高い100%科学合成に拘っていましたが、そこまで必要ないですってwww

最後にキャブも軽く洗浄。
06A.jpg
いがいというか、バッテリー上がってからそれほど時間が経っていないのと、ちゃんと補完してあったので、全くキレイでした。

っということで、この間に塗装のウレタンも噴いて、完成までもう1週間がこんな感じ。
計2週間(厳密に言うと10日間ですが…)で、お色直し終了。
写真を撮ってないけど、マフラーもちょっと工夫して変えて、いよいよ完成です!

SL230 カスタム

Posted by SRマニアックス on   0 comments   0 trackback

超久方ぶりの更新になってしまいました。。(^_^;)

生きてますwww。
もちろん元気にバイクってます。。(^o^)


さて、2014年はというと、すっかり「いじりたい熱」が発病中です。
そんなおり、僕がバイクに乗るきっかけともなった友人が

「直して」
と、いきなり内のガレージに置いていったのがコレ。

HONDA SL230
SL230

ホンダがセローの対抗馬として1997年に投入した1台。
で、バブル期からの開発を引きずった値段の割に超豪華な装備で、実はかなりのお買い特車。


で、コイツはもう、買った当初からいきなり自分たちでイジリながら乗っていて純正のままでは走ったこと無いって位、常にイジリ続けてこのカタチになったんだけど、今見ると荒い…さすがは10年前に製作…。

本当は、バッテリー上がっちゃから、交換して、SL230や兄弟車種のFTR223、XR223、CB223、どの車輌にも持病のように発病する「シフトのシャフト部分のオイル漏れ」を直して納車…という話しだったんだけど、せっかくなら直せる部分直してイイ? という話しになり、上限2万円で同時に2014年版にリファインさせることに。。

そこで
00.jpg
ここをいじって返してやろうと言うことに。。

ただ、要望は当時も今も変わらず「遊びでオフに入って、ジャンプとかはしないけど、それなりに走って楽しめるように」というもの。そこは重視でいじります。

まずはダメなところを修復
01.jpg

ちなみに、ハジメの写真は2004年アタリの写真で、現状は外装がブラックになっているんだけど(写真撮るの忘れた…(^_^;)。。)、結構色んなところが凹んでる…。

まずはタンクのヘコみ直し
タンクは80年代のヤマハ TY250スコティッシュ
から流用してます。もちろんそのままでは付かないので、ステーを製作して載せてます。これも当時の工作なんですが、ステーが荒いので、それもお色直しはしてます。がそういう細かい部分はヒ・ミ・ツ・(^o^)

02.jpg
左側にへこみ。オフ行ってコカしたのか? ってくらいド定番なところがペコっと行ってます

更に、コックからかなりの滲み後が…。
もしかして、パッキン逝ってる?? ということで、全て交換。まだ純正部品で出ました。。(^^)/
02A.jpg


へこみ修正&色決めですが、当初は「黄色」を差し色に使いたいと言うことで、白く外装を全塗装。
ちなみに、何故白く塗ったかと言えば、黄色は隠蔽力が無い色なので、サフェーサーから塗ってしまうと鮮やかな黄色にならないんです。まずは白く。その後黄色に塗らないとダメという理由からです。
02B.jpg

で、デジタル上でタンクデザインを考えて(もちろん、缶スプレーで自家塗装できるレベルをここで考えるのも重要ですよ〜)
02C.jpg
この3パターンに。

・派手さはないけど、飽きの少ないシンプルで左右非対称なポップデザイン

・今風というよりも、ちょっとカスタムペイントっぽい雰囲気の厳つい感じ

・一見めんどくさそうだけど、マスキングしてしまえば難しくないデジタルチック


ちなみにデジタルチックのデザインのモトネタは…仮面ライダーディケイドですwww。
ネットで色々デザイン探していたら面白そうな感じだったので。。(^_^;)


で、当初はデジタルチックな感じにしようって話しになっていたんだけど、ちょっと派手すぎる&飽きるだろうということで、ポップな感じに。色も黒ベースではなく白ベースに。

一気に塗って、クリアのみデイトナのウレタンクリアで。
02D.jpg
乾燥中〜。室内で換装させる場合はにおいに気をつけて下さいwww

ちなみになんですが、この写真にもちょいと映りこんでいますが、ヘッドライトリム以外の黄色は全て「カッティングシート」ですwww。超お手軽ですが、ヘタにペイント重ね塗りするよりもキレイに仕上がります。。(^o^)

手順としては

・ベース色の白を塗装
     ↓
・カッティングシートで黄色を張る
     ↓
・アクリルの捨てクリア
     ↓
・表面を1000版のヤスリでひたすらならす
     ↓
・アクリルで捨てクリア
     ↓
・ヤスリでならす
     ・
     ・
     ・
  を繰り返して

・納得がいく段差が消えたらウレタンクリア


という感じです。
ちなみになんですが、捨てクリアまで全てアクリルですが、これが終わってからウレタン噴くまでに3日は放置して換装させています。アクリルの上にウレタン噴く場合は、完全換装に近い状態まで持っていかないとラッカーの揮発でウレタンがちぢんで、ネズミがはったような後が出来てしまいます。

完全換装までとはいかないけど、ラッカーが飛んで無くなるまでが、経験上、大体3日という感じです。

で、タンクは終了


続いてヘッドライト

もう塗装中の写真にも出ていますが、これを使いました
03.jpg

ライトボディ→70年代のホンダ 初期シャリー
ライトレンズ→70年代のホンダ あんどんカブ
ライトステー→モーターロック制SR用(φ35)

これで、今までベイツだったけど、サイドマウント方式に。
理由は…今っぽいからwww

ライトはこういう70年代ミニの丸みあるボディが今っぽい感じになるかな〜ということでチョイス。タンクにヤマハを持って来ちゃっているので、ホンダ成分が減っているのでここでアピールという意味合いも込めて。ちなみに、今僕がイジルのなら、よっぽどの理由がない限り、4.5インチベイツライトは「使いません」。。むしろダサイと思います。何らかの工夫があった方が好きです。それくらいライトのチョイスはデカイと思っています。
ので、ウチにはヤフオクで安いのがあると、必要もないのに落札しているので、今回のこれも、ガレージころがっていたヤツを使用です。

もちろん錆錆なので、ペイントはタンクのところで紹介したとおり、リムまで塗りました。

ついでにこんなのもアルミ板から切って製作
03A.jpg

メーターステー

アルミ板から切り出して、缶コーヒーを治具に曲げて製作。オフもいけるように回転防止の2点留めです。タンクステーと共締めでタンク付近のフレームにマウントさせます。


シートも気に入らなかったので修正
04.jpg
製作途中です。
前方に色の違う白い部分があると思いますが、そこはpp板で延長した部分です。なるべくタンクに添うようなラインになるように。取り付けはタイラップでギュウギュウ締めですwww

仕上げにサイドにスポンジ張って、シートスキンを被せればok

04a.jpg
こんな感じに。赤で線入れたところが元々のラインなので、だいぶイメージ変わったのではないでしょうか。これで、タンクとの一体感も多少向上


っと、ここまでが1週間の出来事って感じです。
続きは又今度。。m(_ _)m