FC2ブログ

SRまにあっくす

YAMAHA SR400/500のマニアックなカスタム&メンテ等を紹介

記念すべき「初期型」SR-1978-

Posted by SRマニアックス on   0 comments   0 trackback

初登場1978年と、実に古いSR400/500。
で、意外と知られていないのが、初期型って何が違うの?? ってこと。

なので、まずは、記念すべき「初期型SR400/500」を紹介!

1978年式 SR400(¥310,000)/SR500(¥350,000)
SR400 カスタム
ブラックゴールド

SR400 カスタム
スターレッド

カラーリングはこの2色。
で、ポイントは
1)細型のティアドロップタンク
2)パターン入りシート表皮
3)リアブレーキトルクロッドが上側
4)ウインカーが通称「おっぱいウインカー」
5)ヘッドライトがバルブ式ではなくシールドビーム式
6)キャブが強制開閉のVMキャブ
7)左側ディスク(穴無しタイプ)
8)ステムマウントリフレクター

と、実に細かく(マニアックに)違うのです。

      でも

この写真は色々なところでも紹介されている、最も有名な「初期型」と呼ばれているモノなんだけど…、実はこれ、初期型ではないんです…。

SRはそういうマニアックなネタが沢山あるんですが、
SRの初期型には、「最初期型」って言うモノがあって、実はこれともちょっと違う、超プレミアが付くモデルがあるんです。

ドコが違うかといえば、
ここ!!!
SR 初期型

解ります?
スイングアームに、金具が付いているの。
これが付いているのが「最初期型」と呼ばれる、超プレミアパーツで、チェーンスライダーが振動で緩まないようにするためのパーツが、一瞬だけ着いていたモデルがあったんです。
うぅーんマニアックwww。

他にも、チェーンスライダーのプレート部分が鋳型で作られていたり(初期型以降はレーザーカット)と、細かなところも違うんですよ。

なんて、ちょっとマニアックなコトも知っておくと、SR選びやSRの見方が広がって面白いと思います。

ぜひ、この最初期型スイングアームを装着しているオーナーさんがいたら、話しかけてみると面白いと思いますよ。SRマニアにとって、このスイングアームはある意味「ステータス」だったりするので、絶対喜びますから!

では、今日の最後は、
ウチにある超マニアックアイテム

「1978年のSR400/500カタログ」

SR400 カスタム
SR400 カスタム
SR400 カスタム
{ src: 'http://blog-imgs-45.fc2.com/s/r/5/sr500maniax/A_00.jpg'},

と、

SR400/500の設計段階のイラストです
{ src: 'http://blog-imgs-45.fc2.com/s/r/5/sr500maniax/A_00.jpg'},

ではでは(^^)/

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sr500maniax.blog.fc2.com/tb.php/1-4981050d